知られざるダイエットサポート食品するめ。太りたくなければ間食はするめにしよう。

ライフハック

ダイエット中だけど、つい間食にポテトチップスやチョコレートを食べてしまう。そんな方に、私がお勧めしたいおやつは、ずばり”するめ”です。

私がするめをお勧めする理由

・炭水化物、脂質が少なく、タンパク質が豊富

通常、ダイエットはざっくり言うと2パターンに分けられます。すなわち、3大栄養素のうち、炭水化物(糖質)を抑えるか、もしくは脂質を抑えるか。
また、炭水化物と脂質を同時に摂取すると太りやすいと言われており、この食べ合わせはダイエット中は極力避ける必要があります。
例えば、炭水化物と脂質を多量に含む、ラーメン・ピザ・ポテトチップス・チョコレート等々は、経験的に太りやすい食べ物であるとすぐ理解できると思います。
こういった太りやすい食べ物がある一方で、するめを構成する三大栄養素はタンパク質が93%を占めています。
つまり、ラーメンやピザとは栄養の構成比率が正反対の食べ物と考えることができます。
また、健康的な食生活のためには、三大栄養素をバランスよく摂取することが推奨されますが、日本人の平均的な食生活だと炭水化物と脂質が多く、タンパク質が不足しがちだと言われています。
こういった観点からも、するめはお勧めできます。
実際、筋肉を育て、脂肪を削ぎ落とすことに余念のないボディービルダー達の間で、するめはポピュラーなおやつとして親しまれています。

・固いから沢山食べられない。

スルメは1枚(80g)あたり267kcal。ご飯一膳(160g)が270kcalということを考えると決して、カロリーの低い食べ物ではありません。
しかし、するめはご存知の通り固く、沢山食べるのは困難でよく噛むため、少量でも満足できます。一回で食べれる量はせいぜい30g(100kcal)程度でしょう。
一方で、一般的なポテトチップスの小袋(60g)は340kcal。これを食べるならするめを食べましょう。

とはいえ、どうしてもアイスやチョコが食べたい。。。

いくらするめが良いといっても、時にはアイスやチョコを食べたくなることがあるでしょう。
そういうときお勧めなのが

  • アイスやチョコを一口だけ食べる
  • 冷凍ブルーベリーを食べる

どうしても食べたい時は食べましょう。ただし一口だけ。一口だけなら誤差なので神様も許してくれます。

冷凍ブルーベリーのお勧めポイントは

  • コンビニでいつでも手に入る
  • 安価
  • 100g食べたとしても14kcal程度(極めて低カロリー)
  • 普通に美味しい

基本おやつはするめ。たまに好きなもの一口。飽きてきたらブルーベリーもたまに食べる。みたいな感じでおやつを運用するのがお勧めです。

私のお気に入りのするめ

最近私が好んでよく食べているのがこちら

するめジャーキー。スルメンジャー。砂糖で味付けしてあるので通常のするめよりカロリーは高くなりますが、味は良いです。パッケージがかわいいので買いたくなる。

まとめ

如何だったでしょうか。悪い習慣(つい高カロリーなおやつを食べてしまう)を止めるには、それをしたくなったときに別の行動を用意しておくのが有効な手段です。アイスを食べたくなったら、スルメンジャーをぱくっ。チョコを食べたくなったらスルメンジャーをぱくっ。こういった小さな積み重ねがダイエットには大切だと考えています。