Mac作業効率化 ウィンドウリサイザー[Spectacle]

ライフハック

Macでの作業中、複数ウィンドが重なって作業し辛い。。。そういうお悩みをお持ちの方にSpectacle(https://www.spectacleapp.com/)というアプリをお勧めします。(2020年4月29日現在、メンテナンスはされておりませんが基本機能を使うことは出来ます)

Spectacleとは?

ウィンドウリサイザーと呼ばれるアプリの1つです。このアプリを使うと、例えばこのように複数のウィンドウが重なっている状況を

キーボードショートカットを使って、下の様に見やすく綺麗に並べ替えることができます。

手動でウィンドウの縁をドラッグアンドドロップしてサイズ調整をするといちいち手間がかかりますが、キーボードショートカットなら一瞬でウィンドを並べ替えることができ、作業の効率化に繋がります。この他にも最大化や別のワークスペースに移動する、といったウィンドウの操作が可能です。

Spectacleの特徴

  • 無料
  • 操作はキーボードショートカットのみ
  • 設定画面やUIがシンプル

ウィンドウ操作はキーボードショートカットのみで行います。ウィンドウリサイザーとしては他にMagnet(https://magnet.crowdcafe.com/)というアプリが有名です。こちらはキーボードショートカットに加えて、マウス・トラックパッドのドラッグアンドドロップによるウィンドウリサイズが可能です。マウス操作によるウィンドウリサイズを実現したい方はこちらもチェックして見て下さい。

Spectacleはドラッグアンドドロップには対応していませんが、その分、設定画面がシンプルで個人的には気に入っています。キーボード操作メインという方にはSpectacleをお勧めします。

使い方

ダウンロード

まず、公式サイト(https://www.spectacleapp.com/)のDownloadボタンからアプリをダウンロードしましょう。

アクセシビリティを有効にする

システム環境設定->セキュリティとプライバシーのアクセシビリティからSpectacleのアクセシビリティをONに設定します。

ショートカットを設定する

デフォルト設定

自分の好きな様に、ショートカットを設定します。ショートカットはデフォルトで設定されています。例えば、左上(Upper Left)にウィンドを寄せたいの場合にはCtl + Cmd + ←を押す設定になっています。

お勧めの設定

正直デフォルトの設定はあまり使いやすくないと思っています。というのは、よく使うショートカットに矢印キーが含まれているからです。矢印キーはホームポジションから離れているので、これを押すには手を移動させる必要があり、これが時間ロスに繋がります。なので、自分のお好みのショートカットを設定することをお勧めします。

ここで私の設定例を載せておきます。キーボードのijkoキーをそれぞれ上左下右に対応させた設定にしました。キーボードを見てもらえば理解して頂けると思いますが覚えやすく、かつホームポジションにも近い設定になっております。この例ではたとえば、左上にウィンドを寄せたい場合は、Ctl+Cmd+iを押す設定になっています。

私の設定

まとめ

如何だったでしょうか。効率よく作業するためにウィンドウリサイザーは必須だと思っています。まだ使ったことがない方はこれを期に試してみて下さい。きっと素敵なPCライフが待っています。